https://ping.blogmura.com/xmlrpc/5c3wdhgvae22/

thgk0501’s diary

趣味の読書のことや、日常の日記的な記事など様々な事を書いていく予定です!

『未来』

いつから、変わってしまったのだろう


あの山は同じなのに


あの川は同じなのに


あの建物は同じなのに


いつから、変わってしまったのだろう


ありがとうと言えたのに


ごめんなさいと言えたのに


大好きですと言えたのに


いつから、変わってしまったのだろう


時計が読めるようになってからか


自動車に乗るようになってからか


先生答えはどこにありますか?


なぜ周りは年をとるのか、何がなんだかわからない


ときの流れは本当か


過去と未来と今と自分


ときの流れは本当か






作詞 藤田虎丸

病み期

1日が過ぎ去るのを待つ。食欲はない。ほとんど何も口にしないが今にも吐き出しそうで、自分のものなのに汚らしいつばがこみ上げてくる。


何に従い、何に抵抗して生きるのか、未来を変えたければ未来を変える努力をしなければならないと、安っぽいビジネス書には書いてあったように思う。


1日は過ぎる。寝てても座ってても本を読んでも。
花火みたいな人生を送りたい、爆発寸前の俺。
不発するのが怖くて、貪るように小説を読み、登場人物に自分を映し出す。
泣き笑い感情だけは吹き出すが言葉にはできず、読み終わっても自分は自分、少しでも変わったと信じたいが、現実に帰ると変わっていくのは周りだけだと恐ろしくなる。


どうすれば、明るくふるまえ自分を表現し人とうまくやっていけるのか。
未来は怖い、その場しのぎが好きだ。


久しぶりに言葉に自分の中身を表している。
やれば少し気は楽になるのか?なっているのかさえわからない。
これをするのに、何日かかったのだろう。恐ろしく時の流れるのは早い。


後回しにするのは得意だ。
それが今の俺を作っている。将来に希望はある。人とうまく話せたときは凄く凄く幸せな気持ちにもなる。自分を、好きになってくれる人はいるのだろうか。永遠の旅の始まりです。

僕の読んだ本NO.10

『龍馬の如く』

【著】茶谷 清志
【書】武田 双雲

f:id:thgk0501:20200619092547j:plain

読んでは見たものの、あんまりおすすめはしません。

心に響いたり、ぐっと来ることがあまりありませんでした。

考え方を変えたい方や、マインドの持ち方に迷っている人はいい本かもしれません!

【中古】龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則 /インフォトップ出版/茶谷清志 (単行本)

価格:351円
(2020/6/19 09:28時点)
感想(0件)

僕の読んだ本NO.9

菊次郎とさき

ビートたけし

親への感謝の仕方って色々あると思う。
本ていう形で文にできるって素晴らしいことやと思う。

f:id:thgk0501:20200618090656j:plain


【中古】 菊次郎とさき / ビートたけし / 新潮社 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:277円
(2020/6/18 09:07時点)
感想(0件)

僕の読んだ本NO.7

『雄気堂々』(上下)

城山三郎

f:id:thgk0501:20200610204759j:plain

雄気堂々(上)【電子書籍】[ 城山三郎 ]

価格:704円
(2020/6/10 20:47時点)
感想(0件)


雄気堂々 下巻/城山三郎【合計3000円以上で送料無料】

価格:781円
(2020/6/10 20:48時点)
感想(0件)

自分の言葉が薄い。

発言、SNSでの発信などとにかく薄い気がする。たくさん本を読んできた。

この事実にすがろうとしている自分がいるように最近になって感じるようになった。

読書は、絶対に本の内容まるまるを頭の中に収めることはできない。

読むことは大事だか自分の中に落とし込み行動を変えていくためにはもっと深く読み、アウトプットすることが求められると思う。

この場でとにかくアウトプットする。



逃げたくて逃げたくて